木鶏の日常#39 「鰹・鱒・鱈を書けない俺が金鯖に想うこと」

  25, 2017 23:12
木鶏の日常317

RSを全くプレーしてないくせに
週末になるとちょいちょいブログを更新してくる
老害プレーヤーの主義主張をこっそりと長文でお送りするこのコーナー。

本日はまず圧倒的低クオリティな動画から張り付けてみる。

毎度諸注意を申し上げているが、
動画を閲覧して気分が悪くなったら即座に閲覧を中止し
本家本元を御覧になって症状を緩和させることを推奨する。


ひ、、、ひどいぞこれは。。。
しょーもない動画を垂れ流す「勇気」だけはおそらく世界レベルに到達してきていると思う。

さて、、、
諸般の事情でこんな動画におよそ1か月費やしてしまったのは内緒にしてほしいのだが
テーマだけは相当壮大なものを織り込んでいるつもりだ。

【日本経済を牽引してきた「東芝」と国民的TV番組「サザエさん」の存亡】
平成世代のRS諸兄には馴染みが薄いかもしれないが
「東芝」とは「光る東芝の歌」から始まり、日本経済とともに
日本TVメディア文化を育てたモンスター企業である。
「エネルギーとエレクトロニクスの東芝」は
日本人の生活に切り離すことの出来ない存在なのである。

そんな東芝が風前の灯である。
そして東芝が支え続けた「サザエさん」の存亡が
私にとっては目下最大の関心事である。

森友や加計といった学園スキャンダルシリーズなどどうでもよい。

1969年以来、首相がどれだけかわっても
この平穏な家族だけはいつだって
日曜日の決まった時間にやってきて
もはや学校では教えてくれない大切なことを語り続けている。

ふと周りを見渡せば、
火曜日版のサザエさんの存在を知らない世代が多くなっている気がする。

近い将来、日曜日の放送がなくなったとしたら、、、

日本人の7日間のリズムが崩壊し、
区切りの無いまま月曜日を迎えるという
生態系の変化がもたらす精神的障害は図りしれないと思われる。

サザエさん症候群などという言葉もあるが
憂鬱になるのは個人的なものであり、
逆説的に言えば、その時間的切れ目があるかないかは
人の体内時計という観点から言えば些末な事象である。

日常的に存在しているものとは、その存在意義を見失いがちであり
大層なことを言っている私も改めて考えてみた次第である。


アニメ版「サザエさん」のエッセンスを
自分勝手に解釈してみると、、、

なんて奥が深いんだと思う訳である。

各キャラクターの際立った性格。行動。発言。
実は原作を織り込み、同じネタを再構成しつつも
一家が織りなすドタバタとハートフルな世界感は
圧倒的なシチュエーションドラマとして輝きを失うことはない。
(原作ファンには申し訳ないが私はアニメ派であり
アニメ版を崇拝していることご了承いただきたい)

この一月、睡魔の限界を迎えるまで
サザエさんを見続けるという生活をしてみた。

そしてわかったこと。

「サザエさん」とは
観る観ないの問題ではない。
パターンを解析することは無意味である。

存在し続けているということ。
変わらずにそこにいるという
日本人の心の故郷であるということである。

「サザエさん」の放送が終わらないことを心より願うばかりである。


【鰹・鱒・鱈・鯛が書けなくても鯖は間違うことのないRS諸兄へ】
さて、前回も触れたのだが
当たり前に12年存在しているフランデル大陸の意義とは
運営努力も多少認めるところはあるけれど
ユーザーの圧倒的な支持があってこそだということを
声を大にして申し上げたい。

たしかに閉塞感のあるゲーム内の雰囲気と惰性感は拭い切れない事実かもしれない。
しかしながらそれを当たり前に思うことは危険である。

私の関心事は上記にてやぼったく申し上げた通りだが
一応RS民としての関心事は

2017金鯖はどうなるのか

ということである。

キャラ枠、鯖移管問題と諸問題がある中で
なんとなく
今年金鯖どうしようかなぁという
及び腰感が漂っていないだろうか。

サザエさんの話題を持ち出しているのもここに意味があり、
もはや年中行司となっている金鯖
継続は力なりである。

システム上の限界があるならば
もっと盛大なお祭り騒ぎとして
運営は力をいれるべきだと声を大にして申し上げたい。

運営が営利的な側面から金鯖を見てばかりいたら
もはや頭打ちであることは周知の事実である。

3鯖になってしまった少数民族のRS民が集結できる
貴重な時間としてとらえるべきである。

去年もそうだったが
プレーヤー交流の広がりを持つには
この「金鯖」をおいて超える物などないと思う訳である。

オンラインMMOであること
プレーヤーあってのRSであること。

ということで
2017金鯖は絶対的に実装して欲しい

そして、今年はお盆の1週間しか時間的余裕はないかもしれないけれど
今年も夏の祭典で
また大いに盛り上がろうじゃありませんか


そんな想いを込めて
動画のクオリティの低さを言訳してみるという
蛇足中の蛇足コラムを残し
またひと月後お会いしましょう
スポンサーサイト

Comment 0

What's new?