調達屋 放浪記 1

  24, 2009 07:59
俺は F'TheScrounger

RSの世界に足かけ3年もいるのに
未だ300歳そこそこのお察しシフだ。。。

名前が読めない?

まぁ そんなことはいい。
これはコードネーム「調達屋」という意味だ。

ここ数日間、俺は死線を彷徨っていた。
塔秘密卒後、西部進出を宣言してみたはいいものの、
まったく狩りとして成立しないという現実が待っていた。。。




回避はそこそこ出来ているものの
サティロスの一撃とエルフ暗殺者の攻撃のコンボを避け切れない。。
しかもこちらの攻撃が当たらない。

トラン西部対策が必要だ。。。

記憶で飛んでは瞬殺の繰り返し。。

しかし問題点も見えてきた。

・ハンズ吸収によるHP回復は相手が硬いので北部のように十分な回復量が見込めない
・現状、回避はそこそこだが狩りとしてはまったく通用してない
・ブービートラップはエルフには効くが、サティロスは不安定
・分身を多様するも六感を挟んで3体分身(装備込Slv35)だと切れ目に被弾してしまう

調達屋として再び輝く為に、久しぶりにステ、装備の改造計画は

敏捷401、運1401へシフト 回避率アップを狙う
北部仕様の装備を大改造

まずはステアップだが、これはもう早急なレベルアップしか考えられない。
もはやなりふり構ってられない俺は、いそいそとスウェブ9F秘密に通うことに。




ここは第1区画から順に時計回りに敵を全滅させ、最期の第5区画でボス戦が待ち受ける
長丁場の秘密ダンジョンである。
第3区画には、物理攻撃不可能、知識攻撃不可能な中ボスがそれぞれ1体づつ現れる
第5区画のボス戦は壮絶なものだ。

特段抵抗装備が必要な訳ではなく、ハンズによる吸収もばっちり行えるので
ダメは少なくても物理範囲として一応就職が可能だった。
また相当数MOBを狩るので、吸収量も抜群に高く生存力は万全だ。

ひたすらスウェブ9F秘密に通い、その間は装備の見直しの為
西部で5分と持たない瞬殺地獄に意気消沈した俺は
あまりにも無様すぎて狩り場を彷徨った。。。

ダメル横 エンバームド狩り




経験値、DX品ドロップ、心臓、万病の物資確保、、、
決して悪い狩り場じゃない
俺はこのままトラン西部に戻れないのではないかという不安を胸に。。。

そして迎えたLv333

長らくお世話になったハンズを外し、運比手で運のベースアップを行い
ステポイントを調整。




!! 回避能力が上がった!!

吸収狩りに慣れ切った体には赤青ポットをがぶ飲みすること自体久しかったが
回避能力は確実に上がったと体感できる!

これは行けるか!

そして攻撃が当たらないという問題は、、




素晴らしい!俄然ミスが減少した!
いまいち使いどころが理解できなかったニムラスであったが
効果覿面である。

さらに吸収装備の場合ほぼ必要無かった薬装備を追加
エルフ暗殺者の暗殺を防ぐため即死抵抗指を2個(合計138%)

そして北部ではより多くのダーティーフォーバーを撃つ為に
CP効率装備を重視してきたが、
青ポットがぶ飲みの戦術においてはCP不要ということで
頭、腰を[運Lv10]+HP効率で組み合わせてみた!

これは回避能力が上がったとしてもサティロスや暗殺者の
痛い一撃の被弾に耐える為である。

そして試運転の結果、さらなる回避能力のアップの為
導入したのが




塔4Fカメをサバイバル狩りしていた時以来、
完全に銀行内封印されていたものだったが、
ここにきてセーフ+オーラの組み合わせが
とても秀逸なことがわかった。
回避能力が上がっているので、HP背を外すのは勇気が行ったが
使ってみるとまさに回避ビルドとしては抜群の組み合わせである。


装備が大分落ち着きを見せ始め
西部進出への足がかりがつかめたかと思い始めるまでは
相当な時間を費やしたのは言うまでもない。

つづく
スポンサーサイト

Comment 0

What's new?