スポンサーサイト

  --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

魂の叫び ダブルクリティカルヒット!

  13, 2010 23:53
長いことシフをメインにしているし、ダブクリは確かに必要課題であった。
だがしかし、極限まで運を高めることでそれを実行しているのは
今もシフの宿命だろうし、これからも変わることがないだろう。

自分のバックボーンがそこにあったのと、情報不足が原因なのだが
ジョブが違えば考え方も違うということに今更気づき、また興味が出てきたのだった。

BIS殴りスキルの「エクソシズムエンカウンター」
アンデッド、悪魔に驚異の攻撃力を誇るメインスキル。




SLv50で致命打率100%を繰り出すまさに聖者の一撃

だが、致命打率100%を超えるとダブルクリティカルに昇華無効。。。

どおりでハノブツール、骨首、エクソマス(スキル上昇あり)と
およそ120%以上のクリティカル率。
ヘルナイトにだけダブクリが出るのは原因不明だが、
昇華無効はおよそ間違いない事実だろう。

そしてここからが問題だった。
ではどこでエクソを止めるべきなのか??
再再再フリを余儀なくされたのはまだLv130そこそこ。
将来を考えると、ステ振りや、装備も考えていかねばならない。
もちろん失敗したら再フリすれば、、、というのもあるだろうけど
それでは緊張感が無さ過ぎる。

答えがでない。。。
育成テンプレ情報などを見ると補正込47~48推奨などとあるが
ステ振りに敏捷は欠かせないと考える私にはその影響も考えねばならないし
また通常MOBへのクリティカルを狙う上では骨首10は外せない。

スキルと装備の兼ね合い
答えの出ない重いテーマに悩みつつ
殴りBISの大先輩殴僧正66閣下がINをしてこられた。

殴閣下「殴りの世界にいらっしゃーい シャキーン」
死兆星「いろいろ聞きたいことがあるのですがw」
殴閣下「廃坑B10で戦闘中なのでそこで遊びましょw」

ということで相談がてら、落ちる寸前の地獄さんも拉致して廃坑B10へ

まぁいろいろお話を聞けたわけだったのだが
ここでの収穫はまたも俺を驚愕させる事実だった。。。

シフやってると良オプション付きのアイテム主義が身に付いている訳で
武器はやはりダメ鈍器、、、などと考えてもいたのだが、、
殴閣下ご推薦の武器は全くもって違った。。。



N 聖水捲き(最高補正)
目が点とはこのことだった。
少々ストックがある速度装備に身を固め、1.3鈍器で攻撃回数を稼ぐ一種今までのくせが抜けてない
戦術を自然と行ってきていた訳だが
殴閣下曰く「赤ダメのロマンを追えば、スピードは捨てる!」とのこと。

ちなみにこの廃坑B10特別授業に参加するに当たって
とりあえずエクソを補正込30まで落としてみたのだが
たしかにダブクリは出る!
さらにN聖水のアンデッドダメ100%の破壊力!

見えた!私の光はここにあった!
ダブクリは出るものじゃない!
己の魂で繰り出すものだ!

エクソと装備の兼ね合い
これに答えが出た!

エクソ30止!
これは骨首装備と将来の敏捷ステアップを考えるとスキル上昇は容易だが下降は困難。
バランス的にもここが適正と判断。スキルダメは装備と力ステでカバー

適正最強武器でアンデッドを
鎮める!!
Nアイテムの補正などロマンが多分にあると判断。これもまたアイテムコレクターとしての意地もある。

そして、ここでタイミング良く転機が訪れる。
ギルドマスターのもがさん、殴りBISとしても伝説を馳せた人物である。
そんなもがさんより、頂戴したこのアイテム。


吸収聖水と箱聖水 まさに私のレベル適正の最高装備だ

箱聖水を装備するLv150
ここでみえてくるのが
魔法傭兵B2 レイス、ワイト!!
いわずとしれたこのレベル帯での手ごたえあるアンデッドMOBだ

こいつらをダブクリで仕留める!
これこそが殴りBISに変貌を遂げた私の第一のミッションになったのだった。

そしてその任務に向かって魂の叫び!ダブルクリティカルヒットを繰り出す鍛錬が始まった。
ハイランドを卒業し、タワー洞窟地下道2Fでは大分稼がせてもらった。


(ちなみにこれもやってる時は血眼になっていたので再現SSである)

要点だけを掻い摘んで書けばどってことない話だが
そこはネタということであえて長い話になるのも
確実に仕様である。

ひたすらつづく
スポンサーサイト

Comment - 0

What's new?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。