スポンサーサイト

  --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハドソンホーク (1)

  01, 2010 22:32

 
何かにつけて、映画を無理な切り口でレビューしている訳ですが、、
ふぁとが、チビで短足で、太っちょであることまで
こじつけてしまった今、怖いもの知らずなふぁととしては、、
 
最近、仕事のストレスで
薄毛
に、なってきた。
 
こうなると、薄毛応援隊を結成しなくてはいけない。
そんなふぁとの心を癒す教祖といえば、、
ブルース・ウィルス
これで決まりでしょう。
 
う、無理やり過ぎる流れか。。
 
まぁ、薄毛は抜きにしても
ふぁとは基本的に渋い俳優が大好きです^^
 
ブルースウィルス作品は全般的に大好きなんですが、
Mr.ハリウッドと言っても過言ではないブルースウィルス
彼の出演した映画はもちろん大ヒット作が多いけども
この映画は微妙だったんじゃないかな~
 
ハドソンホーク
(1991年 主演:Bruce Willis 監督:Michael Lehmann)
 
B級映画を時間泥棒と酷評するか、寛容に楽しむかは
観る人の心の広さで決まるとは思うけども、、
まぁ世間一般あまり評価の高くない作品だ。。。
しかし、ふぁと的には寛容に楽しんだ作品だったりもするんです。
 
ブルースウィルス演じるエディ”ハドソンホーク”
凄腕の盗みのプロ、10年の刑期を終えたのだが、
仮出所当夜から盗みのヤマに追い回され、、、、
まぁストーリーはググるなり、観てください^^
 
要はドロボー映画である。
ドロボーさんといえば、日本人の99.89%ルパン三世をイメージするだろう。
そしてルパン実写化は、観たいようで観たくないのも日本人の心意気ってやつじゃないだろうか。
 
では、全く関係ないけど、ルパンにリスペクトしたハリウッド映画として
これをとらえるならば、まぁ悪くはない。
 
全編通してコミカルなテイストもあるし、
ハドソンホークの粋な盗みっぷりも、まさにハリウッド的で面白い。
 

 
ダイハードから期待して観ちゃいけません!
非常にがっかりクオリティだから。。。、
ハリウッド版ルパン スピンオフ作品として観ましょう^^
 
ところで、ブルースウィルスとルパンが好きだって理由だけでは
B級映画の域を脱しない訳ですが、
ふぁと的にはもう一つ重要なファクターがあります。
 
大好きなジェームスコバーンが出演しているってこと。
  スピーク ラーク!でおなじみ?
  いや、それもわかる人は年代感じちゃうか。。

 
「荒野の七人」「大脱走」を愛するふぁととしては
ジェームスコバーンが出てるってだけでテンションあがりますよ。
 
往年は渋い演技でファンのハートを掴みましたが
ジェームスコバーンは知る人ぞ知る、格闘技通
ふぁとの心の師匠である、ブルース・リーの門下生でもあり、
そんな一面からもふぁとはジェームスコバーンが大好きな訳です。
 
公開当時、60歳を超えていたのだろうか。
貴重な回し蹴りのシーンにテンションあがりまくったのは言うまでもありません^^
 
とまぁ、見方を変えれば、
微妙な映画も
貴重な映画になる
と、締めくくっておきましょう。
 
B級作品にこそ愛を!
意味不明ですがw、、
 
ご覧になってない方がいらっしゃいましたら
まぁ是非一度ご覧あそばせ~
アンディマクダウェルのカワイイ切れっぷりとか
全体的に痛快で面白いですぜ^^
 
よし、カプチーノ飲んでくるわ~
スポンサーサイト

Comment - 0

What's new?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。