スポンサーサイト

  --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゴッドファーザー

  21, 2010 02:26
久しぶりに映画をふぁと目線で斬ってみましょう。
名作は様々な角度から観て楽しむことができる訳でして、、
 
最近、エスプレッソの流れからイタリア文化に目が無いふぁとですが、
単純明快なふぁとが自宅のDVDに手を伸ばしたのがこれ。
 

 
ゴッドファーザー
(The Godfather 1972年 主演:Marlon Brando,Al Pacino 監督:Francis Ford Coppola)
 
 
言わずと知れた、マフィアムービーの代名詞です。
何度見ても見飽きない、いまでも鮮烈な映画ですよね。
 
 
 
ゴッドファーザーも3作あると、お気に入りの登場人物がいるとは思いますが、
マーロン・ブランド?アル・パチーノ?若き日のヴィトー=ロバート・デ・ニーロ?
皆さんは誰がお好きですか?
 

私ふぁとは、なんといっても
クレメンザ!
(Richard Castellano)です!
 
え?誰?
と思ったそこのあなた!
右側の太っちょが
クレメンザさんですよ^^
 
ドン・コルレオーネ=マーロン・ブランドのカッコよさは言わずとしれたもの。
 
その右腕にして、コルレオーネファミリーの重鎮であるのが、クレメンザなんです。
 
もう、むちゃくちゃカッコいいんですよ!
 
「ハスラー」「紅の豚」などでも語りましたが、
ふぁとはふとっちょ薄毛フェチです!
実生活の健康談議は別として、映画に登場する太っちょ薄毛さんが
強烈にカッコいいと思うのは私だけなんでしょうか。。。
 
このクレメンザ、何がカッコいいのかというと、
トークも軽妙、ダンスもイケてて、黙々と殺しの仕事もこなす。
まさにいぶし銀のマフィアな訳です。
さらに、
料理もしちゃう
という、多才この上ないキャラクターなんですよ。
 

上の画像の左側、
ドンを売ったポーリへの殺害を
表情ひとつ変えずに請け負う
クレメンザ。
 

 
どうでもいいですが、
クレメンザの自宅。
 

 
巧みな話術でポーリを油断させる
クレメンザ!
 

 
ポーリを始末した後の
クレメンザ!
渋すぎです!!
 

 
抗争に巻き込まれていく
マイケルに、殺しの手ほどきをする
クレメンザ!
 
どうですか!
アル・パチーノと並んでも
負けないカッコよさ!!
 
大切なことなので何度もいいますが、
男のカッコよさは
見た目じゃありません!
 
 
 
ところで、、
なにも、太っちょキャラの紹介をしたくて書いている訳ではありません。。。
 
そんなクレメンザが劇中、マイケルに手ほどきをするレシピがありまして、
それを、検証していくのに繋げていこうという、お話でした。
 
もう、映画をネタに好き勝手書いてる訳ですが、
ゴッドファーザー、夏休みも近いことですし、
改めて3部作を一気観してみるのもよろしいのではないでしょうか?
 
ではまた。
 
 
スポンサーサイト

Comment - 0

What's new?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。