吉田カバン ポーターのボストンバック。。。のはず

  13, 2010 01:33
こんばんわ ふぁとです

女性であればカバンとはお洒落の一つなんでしょうけども
男性のふぁとにとってカバンはまず機能第一。
仕事柄多くの資料を持って歩き、タフなカバンが欲しいなと思っていたので
なんかの機会で買おうと思っていたのですが、、

前記事の自転車発注を終え、仕事の戦闘着であるスーツを買いに行くか
はたまた上野で呑み倒すか、、とフラフラ歩いていたところで
なんとも雰囲気のある鞄屋さんを発見

ちょっと冷やかし程度にお店を覗いてみました。
お店からはいい感じのマダム達^^が私に
鞄いかがっすか~と叫び倒します!

本所に来てからというもの、自分は何か変わったのかなと思うところがありまして
ご飯を食べるのも、酒を呑むのも、お買い物をするのも
店員さんとお話するベタな雰囲気がものすごい楽しい!


これって下町独特なものなのか、ただ単に今までドライな買い物をしてきていたのかは不明ですが
煌びやかな雰囲気のお買い物より、ちょっと泥臭いくらいのお買い物が今は楽しい訳です。

一生懸命鞄を解説してくれる店員さんと
あれこれ話しているうちに、鞄は銀座あたりのデパートでいつか買おうと思っていたんですが
まさに、この界隈独特の鞄屋さん!ってところで買うのもオツってものかしらと思い始めてきました。

ちょっとお店の名前は伏せたいと思いますが
笑える話なので、記事にしてみようってなもんでして。。。

購入したのは
ポーター(吉田カバン)のボストンバック
であろう!ってやつ^^
もうちょっとはっきりいうと、、、
パチもの??ってやつです!!

いや、はっきりと調べた訳ではないのですが、
列記とした本物であったら、お店の方に申し訳ないのでね^^
お店の名前を伏せたいんですよ。

ただね、私は満足して購入したってのが前提の話なんで誤解のないように^^

お店にならぶ商品をある程度見て回って
どういうカバンをお探しですか?と来たもんで
資料や荷物がまず多い。
重さに耐えられるタフさと、マチの広さ、取り出しやすさ
これが私の購入条件だというのを伝えました。
いろいろとお勧めして頂いて、結論ボストンバックのタイプがいいんじゃない?
ということになりまして、お勧めされたのが、、
ポーターのボストンバック!
「吉田カバンですよ^^」という言葉になんかグッと来たのはあまり鞄に興味のない
ミーハーなふぁとの下心でして、、w

ただね~
見た目、ポーターのエンブレムも入ってますし、そうかなとも思ったんですけどね
ポーターのモデルタグは入ってないんで、モデル名もわからんし~
ジッパーがね、ポーターのタグが入ってないんですよね~

ただね、お値段が2万弱ってのもありまして、
ちょいと胡散臭いなと思ったんですけどね、購入しました^^。





鞄に詳しい方いらっしゃいますかね?w
おそらくポーターのGLOWってモデルに近いのでは、、
鞄の素材はナイロン製でネームタグは布製です。
ジッパーはYKK製ですね^^

ただね、何がいいたいかと言いますと、、
一生懸命鞄を説明してくれたマダムにリスペクト^^
仕事柄営業マンとしましては、
私の必要とする鞄のニーズをしっかり聴いてくれて
私も納得できた機能を有している一品を勧めてくれたこと。
ここが重要だと思うんです。
買い手の私も本物か?と疑うところはあったけども
まぁポーターっぽければ、そこそこに見えるだろうし
売り手と買い手の掛け合いがよかったんでしょうね。

あと一つ。
「鞄作成」とお店の看板に掲げられていたんです。
実は自転車発注した後だったので、その自転車のフレームに下げるバックを
オリジナルで作るのもいいかな~なんて考えていたんですよ。
聞けば、ある程度の寸法、形を教えてくれれば作りますよってことなので
どっちかというと、そういうお店に興味があったのも事実なんですよね~

まぁついでに一つ
熟女フェチ!を公言して憚らないふぁととしましては~^^(おいおい^^)
まぁ綺麗どころの若いショップスタッフとお話するのも楽しい訳ですが
こっちの言い分もがっつりいえる懐の広さをみせる熟年スタッフのマダム達と話してる方が
ある意味楽しいってのもあるんですな^^

買わねぇなら買わねばいいさ!この甲斐性なし!
よしたよした!こんな胡散臭い鞄よしとこう!
こら!買わずに行く気か、この野郎!負けてやるから買ってけ、泥棒!
な~んて、5代目古今亭志ん生なら、江戸っ子節をぶちまけるところなんでしょうね~^^

とまぁ、価格も自分で納得したものだったので、よしとしている訳でした^^
売り言葉に買い言葉
お互い様であれば、買い物は成立するわけです!
な~んてね^^
スポンサーサイト

Comment 0

What's new?