スポンサーサイト

  --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【稲垣】で繋がる

  08, 2011 22:14
こんばんわ、いまだ年末買いこんだ「お餅」が余っていまして
お腹の足しにと、納豆餅、磯辺巻きにして、
ようやくお餅一袋を制覇したふぁとです。

自分の住んでいる街に愛着を感じるというのは、寂しいかな今までなかった訳ですが、
昨年来、本所に来てからというもの、街そのものを愛してやまない訳です。

酒が好きなので、呑み歩いてるわけですが、入るお店がみんな暖かい。
まぁとにかく本所、浅草界隈を歩いてるだけで楽しいわけです。

昨年末、仕事でお会いしたお客様と、世間話をしてまして、
今どこに住んでるの?という話になり
「本所です」とお答えしたところ、
「え?私生まれも育ちも本所ですよ!」
「!!!! まじすか!!」

聞けば、本所の酒屋さんのご子息だったそうで、まさに本所っ子だった訳です。
それはもう、大いに盛り上がり、あのお店いきました?とか
あっちのお店をやってるのは同級生だとか、恐れ入谷の鬼子母神だった訳です。

今宵も本所で呑もうと思ってるんですけど、どこか紹介してくれませんか?
と聞いたところ、、、気になっていたお店の名前が挙がったので早速行ってみたもんでした。

稲垣



夕方早目に帰ってくると、店先から焼鳥の煙がもくもくと漂っていて
とっても気になっていたんですよ。
ただ、店構えが立派で、これまた、暖簾をくぐるのに躊躇していた矢先だったので
今日は絶対行くぞ!と気合入れてお店にお邪魔しました。

年末の賑わいも重なり、お店に入ってすぐの調理場では威勢よく焼き鳥を焼いている社長の雄姿が!
元気のいいお店のスタッフがお客さんの注文をビシビシ取って回ってます。
カウンターで呑ませてもらったんですが、焼き鳥も美味しいし、寒いけど、ビールが合うので
グビグビと行っちゃいましたね。
タイミングを見計らって、初めて暖簾をくぐった旨と、紹介されてきたんですよと言ったところ
「へ~誰の紹介?」
「本所の酒屋さんのご子息の紹介でして」
「へ~どこの?」
「○○さんのご子息さんと仕事でご一緒したんですよ」
「お~ ○○さんのところか!」

聞けば繋がってしまうんですね~ なんかそれだけで、私も本所の人と繋がれたような気がして
ものすごい嬉しかったんですよね。
そんな話をしていたら、カウンターで呑んでいた常連さんに話しかけられまして、
一人で呑みに来ている同士、またなんか話も合って、ものすごく盛り上がったんですよ!

要はこれですよ。酒が間に入れば、見ず知らずの方でも楽しく呑める!!
お店の人も気さくであれば、お客さんだって気さくな良い人が多いと思うんですよね。下町は。

とかく、コンクリートジャングル東京で生活していたので、そういうのを敬遠しがちな自分でしたけど、
人と人が繋がるこの感覚。本所と言う街でお客さんと繋がり、稲垣さんで呑むということで、
また別のお客さんと繋がる。
いいじゃないですか、この繋がり。

先日、会社の後輩と呑む機会があったので、稲垣さんにお邪魔しまして、、
その常連さんがいないかな~とついつい期待しちゃいましたね。
また呑みたいな~

稲垣さんはメニューも豊富で、どれもお勧めなんですけど、
私はレバが結構お気に入りです^^ 

お近くにお越しの際は是非ご賞味を
スポンサーサイト

Comment - 0

What's new?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。