スポンサーサイト

  --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

罠師 トラン東部上陸と己を律する心構え

  05, 2011 22:05


振りかえるとものすごく楽しかった栄光秘密。
最終局面を迎えるにあたって、総仕上げにかかってみた。
路地裏冒険録まっしぐらのサブキャラ霊術師がいつの間にか栄光秘密適正を迎えていたので
秘密入口に置き去りにして、栄光秘密ソロを敢行してきた。

ここ最近連日栄光秘密に参加しているので、MOBの沸き位置も把握していることから、
青鎧を中心に周辺のMOBを一斉にブビで固め、
爆罠で木っ端微塵にする。
秘密ダンジョン内の全MOBにブビのスタンが効くので、効率よくブビでひとまとめにすれば
ポットの消費すら抑えながら、栄光秘密を完封することが可能だ。
栄光は罠師の為にある秘密ダンジョンと言っても過言ではなかろう。

次に待ちうける塔秘密。
塔秘密は、栄光とは真逆で、罠師完全否定の秘密ダンジョンだ。
全MOBブビが効かず、爆罠のダメも出ないという、まさに門前払いというやつである。
いや、正確に言えば、
塔→スウェブB5、B6→フォリン
ここから先の秘密は罠師が参加できるとは到底思えない。

ここらで、秘密ポタ寄生という甘えを捨てなくてはならないだろう。

そして罠師の舞台はトラン森東部へ移ることになる。





トラン森東部(北部も同じ)
トランクマン、ティンバーマン、トレント
ブビ ◎たまに外すくらいでほぼ効く
毒罠 ▲効くけどダメはあまりでない
爆罠 ○ある程度ダメはでる

マーブルガゴイル
ブビ ▲かなり効きにくい
毒罠 ○割と効く
爆罠 ▲効くけどダメがあまりでない。

まぁ毎度おなじみの狩り場メモはこんなところだ。

最初に言っておこう。
罠シーフでもトラン東北は狩れる!!

ただし、少し心構えは必要だ。

RS歴4年にして、その大半をシーフで活動している私。
シフ1号である調達屋もそうだったが、
トランを制することが自分にとってRSの象徴みたいなものである。
(いや、未だに中部など行ったこともないけれど、、、)
トランと言えば、良ドロップ狩り場として存在しているのは間違いない。
しかし罠師にとって、トランとは秘密ダンジョンに行けない以上
育成上切っても切れない、必須狩り場になっていくという心構えだ。

どんなに過疎化がすすんでも、トランは必ず人がいる。
シフや、テイマ。またボスMOBを狩る英雄たち。
皆が皆、颯爽と狩り場で活躍している。

せっせとブビを設置して、
ちまちまMOBを誘導スタンさせ
ただひたすら爆罠と毒罠で狩る。

「なんて効率が悪いんだ、、」
「少しでも早くMOBを狩らねば、、」
「なにか良品が落ちないだろうか、、」

いろいろと脳裏をかすめる。

そんな雑念があると、、、
狩りのリズムを崩し、ブビが切れ、一斉に囲まれ自滅する。。。

そう、心構えが必要なのだ。
罠シフは弱い!
殲滅力は皆無!効率度外視!
知識に振っている以上ドロップは期待できない!

これを己で再認識する必要がある。

発想の転換をしてみる。
ブビさえかけてしまえば、罠師は無敵だっ!
狩り場を横切る人たちに、罠シーフでも狩れるところを見せつけろ!
沸き上がる毒ダメと爆ダメを少しでもあげることに拘れ!
鍛冶屋品(10n品)が落ちる!赤字になることはない!すなわち儲かる!

考え方次第でポジティブになれる。

要するに、トランで稼ごうという大半の人と罠師は目的が違うのである。
とにかく適正狩り場で適正の経験値を稼ぐ。
これが、とにかく重要な心構えな訳だ。



欲を捨て去り、確実に闘う為には、戦場のリサーチが必要だ。
まず、トランで一番重要なのはブービートラップ!
これを仕掛けないと話にならない。

現状罠師のブビ同時設置は8発。
たった8発である。

いわゆる小部屋と呼ばれる、大漁沸きの場所はまず狩れない。
適度なMOB数のところで確実に狩るしかない。
上記右上がベストポジション。
まず木人系が5体。ブビの効きづらいガゴイルが沸かない。
真ん中が現在奮闘中の場所。
木人4体にガゴイル1体。
ここを確実に撃破できれば、
右下ガゴ1体+木人7体に進出したい。
(ブビマスしてもう少し設置数を増やさないと現状では無理)

さて、目下奮闘中の木人4体+ガゴ1体の場所だが、、
まず、最初が肝心。
狩り場で分身をかけ、周りに人が狩ってないか確認。
焦ってブビを最大数かけてから、そこに人がいました!ってのが一番の悲劇。
もう、そのブビが消えるまで待つしかない。
罠解除を復活させてもらいたいものである。。。

狩り場が確保できてから
ブビ最大数設置
まず木人を釣る。
注意しなくてはいけないのが、ガゴイルは後回しということだ。
ガゴはブビが効きづらい。
せっかく設置したブビをことごとく粉砕する。
よって、まずは木人を固めるのが第一選択。

木人をブビで固めたら、まず毒罠。地道に削る。

ここで焦って爆罠を仕掛けない。
木人が固まっている場所に可能な限り近いところに、設置可能なブビを全て設置。
ここでガゴイルを釣る。
1発でスタンすればラッキーだが罠を全て外されることもある。
とにかくガゴはスタンで止める。

ガゴがスタンで止まったら、まだ爆罠に行かない。
さらに残りのブビを全て近場に設置。
最初の木人のブビが切れ始めたら、そこに誘導する準備だ。

うまくブビをかけ続けないと、全てのスタンが切れて、一斉に動き出すMOBに撲殺される。
つまり、敵を倒しに行くのではなく、
ブビをかけ続けている間に、爆罠で削るという発想の転換だ。

このあまりに地道な作業こそ、早く敵を倒そうという邪念があると成り立たないのだ。
急がば回れというものである。



偉そうなことを記事にしているが、実に難しい作業で、未だ練習中である。
しかし、このリズムを完全にモノにすることが出来れば、
まさにトランで華麗に舞う罠師!!
を実現できることだろう。

先日、ガゴ沸きの場所で死にまくり、
焦ってはダメだ。初心に帰り、木人のみのところから再出発だ。。。
と入口付近に戻り、釣り→毒罠→分身→次のブビ→爆罠と繰り返し体に覚えさせていたところ
ボスMOBを倒しにきたであろう、BIS様がブレエビをくれた。

「ありがとうw」
とかえしたところ、後ほど耳がきた。

「お互い頑張りましょう!」


良ドロップよりも、遥かに嬉しいことがトランにはあるかもしれない。
スポンサーサイト

Comment - 0

What's new?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。