スポンサーサイト

  --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

調達屋 装備生産工房 「道を究める」第八回

  21, 2016 08:14
俺は F'TheScrounger
フランデル大陸における
需要なき装備作成に夢を賭ける
孤高の調達屋
良装備への飽くなき追求が俺の使命だ



うおぉぉぉん
谷風「なにこの騒々しい叫び声。なにごと?」





稲妻「うおぉぉぉん」
谷風「稲妻さん!いったいどうしたのそんなに吠えまくって」



稲妻「おお 谷風殿。野獣の本能を呼び覚まし全力で[木鶏]の現在を憂いているところだった」
谷風「ちょっと何言ってるかわからないわ」
稲妻「わしとて花を愛でながら春は曙いとおかしといきたいところだが、、」



稲妻「調達屋殿の留まるところをしらない金策術の結果は、、、」
谷風「またやってるの?知ってるわ。イラコンコスをコンプしない分ロト回す!とか豪語してたっけ、、」



稲妻「前回の完全解放でやめておけばよかったものの、、、春の祭典が真冬に舞い戻る惨憺たる結果だ。」
谷風「殺意しか沸かないわね。」
稲妻「精霊王Nxの4解放は完全に停滞し、また調達屋殿の悪癖が留まるところを知らない」







谷風「白鯖の停滞した経済状況をを一人で救おうとか思ってるのかしら。貴重な異次元なのに、、、」
稲妻「そして最近新たなる散財の王者が誕生しつつある。」
谷風「どういうこと?」



谷風「雷電さんじゃない。あの人に限って、、、」
稲妻「谷風殿は雷電殿を知らんのじゃ。寡黙で一途に欠片出しをするだけで満足できる男ではないのだ」
谷風「先日の[木鶏]異能ビルドフォーラムでは素晴らしいプレゼンだったわ。」
稲妻「方向性は素晴らしかった。しかし実現方法がどうにも調達屋殿と同じで遊んでるようにしか思えない」



雷電「打点じゃ。より高く飛び、最高点からの落下スピードを加味すれば奇跡はおこるのであんす」
雷電「調達屋しぇんしぇの財布の紐が緩んでいる今ごそ好機だべ。」







雷電「もう足踏みしている暇はね。わすは進むしかないのであんす」





雷電「うおおおぉぉぉ 最高の跳躍点じゃぁぁぁ 喰らえぇぇぇ」



雷電「跳躍量は見事なものじゃったべ」














雷電「おもさでながんす。。。お許えってくなんせ」



谷風「調達屋さんに続き雷電さんまで壊れていってるわね。」
稲妻「[木鶏]の春はこないかもしれんな。」


脚注
調達屋 装備生産工房 異次元120回目
調達屋 装備生産工房 抽出機29回目
スポンサーサイト

Comment - 0

What's new?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。