スポンサーサイト

  --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

罠師 大型アップデートとスウェブB11

  23, 2011 07:27

 
レッドストーン 罠師育成
と、その前に、、、
 
大相撲九州場所十日目
琴奨菊、把瑠都に敗れる。
素人の私が見るに、把瑠都の良さが光った一番だろう。
琴奨菊の向かう先は初優勝。メンタル面で飛躍的に成長し気持ちを切り替えて突き進んでほしい。
白鵬は鶴竜を下し全勝はただ一人となった。
鶴竜は善戦するも、いまの白鵬にどうやれば勝てるのか
まさに盤石の強さである。
稀勢の里は栃の心の首投げを交わし寄り切り。
そして十一日目、稀勢の里対白鵬戦に期待が高まる。
先場所の左を決めた作戦は通じないはず。本日結びの一番は目が離せない。
--------------------------------------------------------------------------------
 
さて、罠師。
 
フランデル大陸冬の大型アップデートがついに実装された。
かねてより、期待をしていた新グラフィックもまだ目が慣れないが
全体的に好印象を持った。
 
問題のNxUシステム。
 
前日に全財産を使い果たしたこともあり、完全に様子見になってしまったのだが、
NxU錬成は予想以上に厳しい。
ギルドメンバーのフルウさんが渾身のNxU錬成成功、
それに立ち会えただけでも十分実装直後の展開を楽しませて頂いた感がある。
個人的には罠師のレベル育成に合わせつつ、着実にNxUを錬成していきたいものだ。
 
新システムに出遅れた感はあるのだが、
個人的にはホットドッグボーンと敏捷比率トラップリビーラを装備し、
本格的な罠師狩りが開始されたことの方が重要である。
 
私なりに罠師の戦闘方法を二つに分けるならば
 
前期:ブラックソーン時代(~Lv399)
後期:DXU(NxU)+ホットドッグボーン時代(Lv425~)
 
に分けられる。これはすなわち
 
ブービートラップ+爆罠最大ダメの直下爆破による撃破
爆罠事前設置による罠の一撃狩り
 
という大きな違いがある。
 
そして、今スウェブB11こそが、後期罠師の基本となる狩場である。
 

 
スウェブB11のオーガ3種が混在するポイントが枠内である。
オーガ、オーガソルジャー、オーガチーフともに
ブラックソーンによる爆罠事前設置8発
ホットドッグボーンで誘導爆破
で単体では狩りきることができる。
 
しかしながら、このポイントで6体を釣ってきて
爆罠に誘導すると、MOBの釣り具合によって、オーガチーフのみ狩り残すことがある。
 

 
もちろん狩り残した場合、再度爆罠を一発叩き込めば良い訳だが
それはあまり華麗ではない。
 
罠師の一撃狩りとは
事前に設置した罠ですべてのMOBを木端微塵にすること
これこそが華麗なる罠師の姿なのだ。
 
とすると、この狩り残しを改善するには、、
 
○爆罠のダメアップ
○釣り方の改善(MOBを纏め上げてから罠に誘導)
 
爆罠のダメアップに関してはプレーヤースキルと無関係なのでここでは考えないことにする。
またMOBの釣り方についてもオーガ自体足が遅く、しつこくMOBを纏め上げていくのも
あまり見栄えがよいものでもない。
 
ここは今後の狩場も考えて、PS向上を念頭にクリアしてみる。
 
罠師の攻撃方法は何も爆罠だけではない。
単純だが、毒罠で少しだけMOBのHPを削り取ってやればよい訳である。
 
 

 
事前設置:
ブラックソーン(スキル+2確保)で設置
シャドースニーキングを切らさない(スキル+5確保)
罠の重ね置き数の確認(ここでは同位置に設置、場合によっては設置場所を分けることも必要)
 

 
釣りの開始:
シフ状態で釣りを開始
ブラックソーンなどスキルアップ装備のまま釣る(毒罠の設置時スキル確保の為)
毒罠の設置:
設置時にスキルモーションキャンセルを行い
設置後すみやかに移動できる状態にする
 

 
武道にスイッチ:
毒罠作動後、武道に変身
ブリーフマーカーからベノムポットへ装備入れ替え
(ブリーフ装備での爆破時の知識反映→ベノムポット装備で属性強化、毒ダメの上昇を確認)
ベノムポットからホットドッグボーンへ装備入れ替え
爆罠に誘導しつつMOBを纏める
 

 
爆罠誘導爆破:
MOBのまとまり具合をみて罠に誘導
爆罠作動で足をとめず、少し距離をとってシフにスイッチ
(狩りきってしまう場合でも、次の事前設置に備える)
 
ホットドッグボーンからブリーフマーカーへ装備入れ替え
ブラックソーンからデンジャラストイへ装備入れ替え
(狩りきらない場合、ここからは直下爆破か罠の逃げ撃ちに持ち込む)
 

木端微塵である。
爆罠が連続して炸裂し、MOBを撃破する瞬間は
まさに罠師の醍醐味であり、また華麗に狩場を舞う瞬間である。
 
ホットドッグ狩りの醍醐味をいま存分に堪能している。
ブラックソーン時代とは桁の違う爆罠ダメは
今までにない感動を呼び起こす。
 
スキルボックスも一連の動きや行動を考えて配置を完了。
だいぶ操作にも慣れてきた。
スムーズに狩りをすることができると、本当に気分爽快である。
 
 
 
罠シフは非常に特殊な戦闘スタイルで
罠設置数という、攻撃手段に制限がある
 
装備の入れ替えなど、個人の感覚に合わせて積み上げるプレーヤースキルもさることながら
さらに重要なのは「狩場のリサーチ」である。
 
ブビが効くかどうか
爆罠、毒罠の実ダメの確認
MOBを狩りきる必要罠数
罠のコンボ、設置位置の確認
 
華麗なる罠の一撃狩りは一朝一夕では成し得ない。
敵を知り、己を知る
 
試行錯誤があるからこそ罠師はやめられないのだ。
 
 
スポンサーサイト

Comment - 0

What's new?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。