【Panasonic】DMR-BZT710

  11, 2011 10:29
今年もやってまいりました、歳末商戦。
しがないサラリーマンのふぁとは心躍る季節です。
 
夏のボーナス商戦では、直前にPCが撃沈し、
急遽パソコンを導入。
 
そして、冬。
思えば1年越しにうだうだしていたブルーレイDiscレコーダーを遂に購入してきました。
 

 
秋葉原に久しぶりにKronan Type1ss ふぁと号で向かい(自転車ですな^^)
そういえば、去年は自転車を買ったんだなぁと思いつつ
買うものを決めて向かうふぁとはまっしぐらにYodobashiカメラに向かいました。
 
ディーガもだいぶ価格がお手頃になっていて、中位機種である710は6万円。
これで我が家もついにブルーレイDisc編集時代に突入なんだなぁと感慨も一入。
 
ところでディーガをチョイスした理由なんですが
ふぁと家は常にCATVを導入していて、
Panasonic製セットトップボックス経由で各コンテンツを録画すること
ということで選択の余地がない訳ですが
 
現在Panasonicのイメージキャラクターである
滝川 ラルドゥ クリステル 雅美さん
ニュースJAPAN時代から大ファンなんです。はい。
もう何かの縁でしかないんだぜ!
というのはふぁと目線であります。
 
これでようやく
大相撲中継の記録保存ができる!
 
もう大相撲熱の為にディーガを導入したのはいうまでもありません。
 
大相撲中継の録画、編集は地デジ放送特有のCPRMというコピーガードがかかっていて
今まで不要だったので完全スルーしていたのですが
よく調べると、これを解除して編集保存するのは
ものすごい手間がかかるというのがわかりました。
 
まずはディーガを接続設定し、
CATVセットトップボックスのHD内に収まっている九州場所を
ディーガに移動したあと、本格的に頭を悩ますことになるでしょう。
 
個人的には
大相撲中継をそのまま保存
注目力士ごとの取り組みをつないで編集、保存
をやりたい訳です。
 
来年に向けてより一層大相撲を楽しめる土台が出来た、
今年の冬のボーナス商戦でした。
 
趣味の買い物はさておき、
夏、冬と年に2回、サラリーマンの戦闘服であるスーツを新調するのがふぁとのルール。
 
スーツも上をみたらキリがないので最近は
BURBERRY BLACK LABELを購入しているのですが
(まぁ似合う似合わないは別として、、)
上等なスーツを1着
いわゆるワンプライス系のスーツを1着
という組み合わせで買うのがふぁと流です。
 
バーバリーはスーツ1着だいたい8万円から。
ワンプライス系スーツだと
シャツ、ネクタイ、その他もろもろトータルで揃えても5万円くらい。
(というより自分勝手な予算設定がある。。。)
 
秋葉原でブルーレイDiscレコーダー
上野でバーバリー
浅草でワンプライススーツ(ORIHICA)
 
と一日お買いものしてたんですが
浅草ROCKS内のワンプライススーツが
なんか一番買い物感が強かったんですねぇ。
 
5万円予算で見栄え良くコーディネートしてください。
とスタッフさんに伝えてからスーツを選び始めたのが良かったのですが
これはいかがでしょう、こちらはどうでしょうかと
結構一生懸命で、好感が持てました。
 
ようするに買い手の気持ちを上手くのせてくるのは
売り手のテクニックだよなぁと
自分も営業マンとして改めて勉強になった気がしました。
 
で、両手いっぱいで自転車漕ぐのも危険極まりないので
一度家に帰り、ご母堂様に感謝の念で
浅草で食事をして、しこたま酔っぱらって眠りについた一日でした。
 
冬の買い物ツアーが終わると
今年もあとわずかだなぁと思うふぁとでした。
 
 
 
 
スポンサーサイト

Comment 0

What's new?