スポンサーサイト

  --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

調達屋 装備生産工房 49

  04, 2012 16:35
俺は F'TheScrounger
フランデル大陸における
需要なき装備作成に夢を賭ける
孤高の調達屋
良装備への飽くなき追求が俺の使命だ
 
レッドストーン廃業寸前調達屋
- リュランの錬成 まとめ -

 
都合2か月以上に及ぶ遅々とした進捗の錬成
精神的疲労度が極限に達したので
一区切りを付けてみたい。
 
錬成システムの明と暗
錬成に必要なコストとそれに要する時間を比較してみる
 
○炎の石10個を購入する
 230m(白鯖2012年2月現在のおよその相場)×10=23億
○炎の石10個を作成する
 氷のハンマー(成功率50%)で作成
 70m(以下コスト表を参照)×10=7億
 約5週間

金をかけるか時間をかけるかという訳だが
23億をギャンブルすることのできない私は
徹底的な低コストパフォーマンスを追い求めることに、、、
 
○氷のハンマー選択の理由(白鯖の場合)
鍛冶屋のハンマー 201m
 発火石60個 50n×60=30m
 断熱石60個 60n×60=36m
 神秘石6個 3m×6=18m
 結晶石3個 5m×20=100m 
 黒炎の欠片20個 80n×20=16m
 製作費1m
匠のハンマー 206m
 発火石100個 50n×100=50m
 断熱石100個 60n×100=60m
 神秘石10個 3m×10=30m
 結晶石5個 5m×5=25m 
 黒炎の欠片50個 80n×50=40m
 製作費1m
氷のハンマー 99m
 発火石30個 50n×30=15m
 断熱石30個 60n×30=15m
 神秘石3個 3m×3=9m
 結晶石2個 5m×2=10m
 黒炎の欠片50個 80n×50=40m
 製作費10m
100%成功の匠のハンマーと50%成功の氷のハンマーの選択肢は個人の考えによるだろう。
低コストでの成功に賭ける場合は氷のハンマー
資金に余裕のある人は必要経費と相場を見て購入の判断をするとよいだろう
 
とりあえず今のところの投資状況をデータとして出してみる。
様々変遷がありながらこの話に繋がっているので
とりあえず帳簿としてつけた記録である。
(ちなみに錬成をしたところで目印がついていて数が合わないのは
Lv200キャラによってクエ取得した炎の石は数にいれてないということです。)
 

 

-調達屋的炎の石制作まとめ-
 
○とにかく黒炎の欠片をせっせと集める
  1キャラ7個×3、4キャラ目黒炎4個で25個 約45分
  1キャラ7個×7、8キャラ目黒炎1個で50個 約1時間30分
 
○発火石、断熱石は購入する
  感覚的にはRS欠片と同じ程度
  狩りをする時間がないので購入する
 
○神秘石と結晶石
  コスミ使用でGDB1×3周+入口×3周
  神秘石+遺跡欠片→ランディスじゃんけん(1回戦止)
  およそ2日で5個の神秘石取得
  神秘石一束6mで換金→2束換金で結晶石購入分を補填する
  
  B1、入口を1周平均7分として一日2キャラを回して42分
  700GEM(現在は350M)のリアルマネーを投資して
  1週間毎日GDを6周すれば
  神秘石、結晶石のゲーム内資金コストは氷のハンマー必要素材分を賄える
 
0時前に黒炎収集→0時発GDの約2時間の活動
発火石、断熱石のみの購入で炎の石作成にチャレンジできる
黒炎の欠片の収集ペースにもよるが
コスミ期限切れと共に神秘石欠片換金というのが感覚的にわかりやすい
氷のハンマーは「実際に50%の勝率」なので
2回制作依頼で1個、4回で2個となる。
ただこのゲームの50%の確率は結構あてにならないので
多めに制作依頼を出す方が精神的にも安心できるだろう。
最初は5回チャレンジで3個成功というのを目指していたが統計的にみても
4回チャレンジして2個成功を狙うのがコスパがよくて落ち着いた
 
 
と、いう訳で
1週間に1回炎の石制作チャレンジ
5週間に1回錬成にチャレンジ
というペースになる

現在錬成を2回依頼
イオタペルソナNx化成功
ジェルスフィアNx化失敗の2勝1敗
 

 
GDのみでサブIDのLv200キャラを育成しつつ
現在炎の石7個
サブIDのスフィア課金がついに期限切れ
今週末うまくいけば錬成にチャレンジ
はたして3回目の錬成で2個のNxアイテムを手中に収められるかどうか
2か月かかった私のチャレンジが佳境を迎える、、、
 
 
資金があればこんな時間的労力は絶対に惜しむべきだ。
しかし私にはそんな資金的余裕はない。
錬成素材をここまでまじめに収集するとは夢にも思わなかったが
実際にやってみると、、、苦行としか言いようがない。。。
 
時間とは全ての人に平等に与えられている。
一日2時間というのは私がRSに費やせる時間の限界である。
炎の石の相場が230mでしばらく変わらないとして
一週間で2個購入していったとする。
逆算して
一日2時間の狩りで65m稼げるのならば
錬成素材を集める必要がないということになる。
 
しかしながら現状の調達屋は時給30mOVERの狩りが不可能だ。
つまり調達屋の新たなる目標としては
このラインを突破できるレベルになるよりほかない。
 
それとは全く逆にとらえ、、
スフィア課金+コスミのリアルマネー月額3900円を投資して
狩りをせずにひたすら炎の石を作り続けた場合
1週間の投資額120mで炎の石を2個制作、460mで販売(340mの利潤)
4週間で1360mの利益をたたき出すこともデータから明らかだ。
 
 
ジェルスフィア、ベノムポットの錬成が終わったあとを考えると
調達屋としてはどちらの道に行くべきか。
 
ここまでくだらない話にお付き合いしてもらってなんだが
あなたならどちらの道を選ぶだろうか。
 
錬成までの苦行。錬成後の選択肢。
幸か不幸か
今更ながら
「錬成システム」に思いきり惑わされている調達屋であった。
スポンサーサイト

Comment - 0

What's new?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。