スポンサーサイト

  --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

覚醒罠師 トリプルイクストラップの考察2

  18, 2014 22:09
レッドストーン 覚醒罠師育成
 

 
サイレントトラッパーという職種がなんと輝かしいことだろう。
シーフではなくトラッパー。まさに罠師である。
さて、掲載画像容量の関係で前回の続き。
本題のトリプルイクストラップの詳細に入ります。
 
トリプルイクストラップの考察
 
スキルのダメージ確定要素
※設置時にSlv補正値、爆破時に知識ステが影響する
 
知識2174が変わらない状態でスキル補正5とスキル補正21のダメージを比較
どちらもMOBを誘導して爆破
スキル補正5がダメージ約8500
スキル補正21がダメージ約11500
スキル補正上昇によりダメージも上昇したことから罠設置時にSlv補正値 爆破時に知識ステが反映する。
 

 

 
装備による属性強化弱化の適応
※適応される(確認アイテム:太極リング、デンジャラストイ、イオタペルソナNx)
 
知識2174、Slv補正12が変わらない状態(A)に属性強化アイテムを装備してダメを比較
A・・・約9600
A+太極リング(火強化8%)・・・約10300
A+デンジャラストイ(火弱化33%+火強化15%)・・・約14900
A+イオタペルソナNx(火弱化50%)・・・約15900
属性強化弱化アイテム装備によりそれぞれがダメージ上昇、適応されている。
 

 

 

 

 
 
武道状態での爆破
※武道状態で爆破を行っても影響はなし。ホットドッグボーンの属性弱化強化も適応。
 
比較の条件
A:桔梗刀、ブリーフ装備で設置、武道で爆破・・・約9600
B:桔梗刀、ブリーフ、太極リング装備で設置、武道で爆破・・・約10300
C:桔梗刀、ブリーフ、太極リング装備で設置、武道変身後ホットドッグボーン装備で爆破・・・約17000
D:イオタNx、ブリーフ、太極リング装備で設置、武道変身後ホットドッグボーン装備で爆破・・・約17000
 

 



 
 
考察のまとめ
トリプルイクストラップは既存のエクスプロージョントラップと爆破論理に関する変更点はなかった。
個人的に特記すべきは前記事にある罠の設置条件。
残り1発だけ設置可能な状態からスキル発動するとCPが必要なく1発だけ設置できるというのは驚きだった。
 
そして心配していた武道状態でホットドッグボーンを装備した場合の強化弱化適応も変更点はなかった。
武道で爆破の際、あえてイオタNx装備での実験を行ったのは、覚醒による新スキルになって、
武道になってもシーフ武器であるイオタNxの弱化50%が適応になるのではと思ったのだが、
それはなかったようである。(仮に適応になっても不具合認定間違いなしではあるが、、、)
 
3段多段化攻撃になりダメージが重なって表記がみずらく、SSでも判別できないことが多々あった。
それとミズナB1、宝石部屋での実験だったのでMOBに補正がかかっているせいかダメージ計算と
実ダメージの数値がかみあわず、あえてダメージの上昇があるかないかで判断した。
 
狩りにおける使用感はまた改めて記事にまとめようと思うが、一言だけ書き記して締めたいとおもう。
 
覚醒罠師 強い! 強くなったぞ!
 
罠シーフ育成史上、自キャラが強い!と初めて思う一日だった。
 
 
次回は覚醒毒罠ベイントラップの考察をします。
スポンサーサイト

Comment - 0

What's new?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。