スポンサーサイト

  --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

覚醒罠師 ベイントラップの考察1

  20, 2014 05:06
レッドストーン 覚醒罠師育成
 

 
以前、爆罠を80発以上打ち込んでようやく1匹撃破していたミズナのサソリボス。
覚醒後、容易なカンストによる範囲狩り。こんな日が来るなんて夢の様である。
 
ベイントラップの考察

 
ベイントラップとポイズントラップの比較
 

参考サイト:RED STONE HUNTER

基礎毒ダメをベースにポイズントラップLv105とベイントラップを比較すると
毒の効果時間が半減しているので、スキル装備によるダメージ増はあるが総合的に与えるダメージが減る。
また効果範囲と設置個数が減少。
 (追記、比較条件を間違えてました。減少はありません。)
しかし土と火の属性低下が付与される。
長短あるので、その使用感は別の機会で記事にしたい。
 
スキル情報のダメージ計算方法
ダメージ:(2*(SLv-1)+110)*(1+(知識/200))
秒数:INT(28+(SLv-1)*0.5)

※上記SSの場合(知識2738 SLv22) ダメ:2232.880 秒数:38 でほぼ同一の結果になった
 
スキル発動条件
※武器を装備しなくても発動できる
※座った状態では発動できない
※右のスキルボックスにスキルをセットし、座った状態でも自分を右クリックすればスキルを発動できる。
※設置最大個数以上は設置できないが設置最大個数を超えてスキルを発動した場合、
CP消費が無い状態で1個設置できる。その状態で設置した罠は正しく作動する。

※前記事「トリプルイクストラップの考察1」と同様。
 

 
罠の設置状態
自分の立方向に関わらずスキル発動後は、自分の真下とその右に設置される。
同位置で複数回スキルを発動した場合、同一箇所に罠が設置される。
重なって見えていてもスキル発動回数分の罠が設置されている。

※前記事「トリプルイクストラップの考察1」と同様。
 
スキルの特徴
※とどめを刺すことができない。(敵のHPが1の状態までしかダメージを与えられない)
※設置時にスキルレベル、爆破後、毒による中毒状態で知識ステが反映しダメージが確定する
※中毒期間に知識、土抵抗強化弱化などダメージに関わる装備変更があった場合、
ダメージの大きい方に上方修正される。下方修正はされない。
※知識ボーナス、錬金術、ダメージカットは実ダメージに反映されない。

※上記までポイズントラップと同様
 
ベイントラップと火、土属性強化アイテムの重複
※ベイントラップの範囲、効果時間内であれば抵抗低下が重複される。
 
以下の式で計算した結果と実ダメージが一致した。
ROUNDDOWN((2*(Slv-1)+110)*(1+(知識/200))*((100+石造+強化)/100)*((100-土抵抗+弱化)/100),0)
条件
土抵抗60のMOBに太極リング→モダンマジシャン→ベノムポッドNx→ジェルスフィアNxと装備を追加していき
それぞれの毒ダメージを計測した
 

 





 

※武道でホットドッグボーンを装備し、設置しておいたトリプルイクストラップを爆破した場合も
ベイントラップの低下50%は反映される。
検証実験
敵の火抵抗5~7
ジェルスフィアNx、太極リング装備で設置、ベイントラップ発動の有無によるトリプルイクストラップを爆破比較
(設置時のSlv24、爆破時の知識2370での計算と実ダメージ
 

 
下記SSの左側がトリプルイクストラップのみで爆破し約17000のダメージ
右側がベイントラップ発動後、爆破し23000(カンスト)
ベイントラップの属性低下が反映していることがわかる。
 

 
敵の低下抵抗、呪い抵抗によるベイントラップの影響(現在検証中)
※よくわかりませんでした
※呪いの墓B1 リッチにベイントラップ発動後、トリプルイクストラップのダメージは上昇した。(SS無し)
※何か新しい事象がわかり次第追記します。
 
毒ダメージの効果時間とベイントラップによる属性低下の効果時間(現在検証中)
※よくわかりませんでした。
※ミズナB1 PTボスの悪魔のサソリをブービーで止めて毒ダメージと低下状態の時間を計測
毒ダメージが切れた後も属性低下はかかっていた。属性低下は毒の効果時間である38秒を超えて継続されていたが、その後低下が切れることもわかった。(敵を倒してしまうのではっきりと計測できなかった。)
※何か新しい事象がわかり次第追記します。
 
考察のまとめ
ポイズントラップは罠シーフの狩りにおいて、どうしようもない敵を毒で削るか、釣りなど爆罠への攻撃補助としてしか活用していなかったが、ベイントラップは敵の属性低下がかかるので毒ダメージがどれだけでるかというよりも、トリプルイクストラップを発動するうえで重要な関連性を持った。
おそらく敵の低下抵抗を無視し貫通して低下をかけると思われるので使用頻度はかなり高くなると思われる。
ベイントラップとトリプルイクストラップのコンボがサイレントトラッパーの重要な戦術になることは間違いない。
罠シーフのビルドもそれぞれで毒罠を必要としない方もいらっしゃると思うが、是非取得した方がよいスキルであると思う。
なお、毒罠の各実験は個人的なRSの知識不足からいつも苦手としており、もし何か間違った情報を掲載してしまっていたらすぐに訂正いたします。
 
追伸:リッチPTの周回の合間を縫ってリッチに突入(しかも未承諾で、、、)、ベイントラップからトリプルイクストラップをしこたま撃ち、まもなく軽く焼け死んだLv517の覚醒罠師はさすがのFATクオリティだと笑ってしまったが、灰で復活させて頂いた現場のWIZさんに敬意と感謝をもうしあげたい。。。。
 
 
最期に!
覚醒罠師 もうマイノリティなんて言わせない!
ビルドとして成り立っている!
かつて罠シーフのあまりの辛さに諦めた方、是非もう一度罠師を目指そうじゃないか!
罠師は進撃をしているのだ!
スポンサーサイト

Comment - 0

What's new?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。