スポンサーサイト

  --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

調達屋 装備生産工房 異次元104回目

  29, 2016 16:39
俺は F'TheScrounger
フランデル大陸における
需要なき装備作成に夢を賭ける
孤高の調達屋
良装備への飽くなき追求が俺の使命だ



チャド「チョウタツヤッ Tソクカンニソクドドレイク ガソウビデキタ」
チャド「イソガシイノニナンノヨビダシダヨ スゲェヨッパラッテルジャネェカ」
調達屋「(チャド・・・)」
チャド「イツモシッパイイジゲンノタビニヨビダシヤガッテ テメーヨッパラッテンダロ」
調達屋「(チャド!こっちだ)」



調達屋「なにをしている こっちにこい」
チャド「ハッ ダレダテメー」



調達屋「チャド落ち着け。酔っ払い相手にくだまくとはなかなかのもんだぞ」
チャド「ハッ チョウタツヤッ サンタハドウシタ」
調達屋「年がら年中クリスマスの格好して任務がこなせると思うのか、まずは座れ」



調達屋「最近異次元の失敗が酷過ぎてな。稲妻がうるせぇもんで、一人酒でもとな」
チャド「テカココハドコダ」
調達屋「砂風酒場をしらんのか、みろ横のシェラザードさんは相変わらずの禿げっぷりだろ」



調達屋「純粋な駆け出し冒険家の鞄を広げるというが、インベ一列くらいサービスしやがれってんだこのやろう」
チャド「チョウタツヤ オマエヒマナノカ」
調達屋「ばかもの。日々罠師装備の素材をかき集め、装備生産任務に没頭している。フル回転だぞ」



調達屋「稲妻からの資金は当てにならん。こうして一人酒でも呑まないとやってられん。お前も呑むか」
チャド「イラネェヨ」
調達屋「こうなったら禁断の資金繰りをするしかないと思ってな。ここだけの話だぞ」
チャド「?」



調達屋「チャラララッチャラー♪、プレミアムロト- エーンド ロートボーックスー♪」
チャド「テメーコリズニマタカッタノカ アレダケヤメロトイッタノニ・・・」
調達屋「まぁそういうな。こうでもしないと任務に支障がでるんだ。必要悪だ」
チャド「シラネェゾ シラネェゾ イナズマニイッチャウゾ」
調達屋「見てろ!ここから大逆転するしかねぇんだ!」











チャド「・・・・・・・」
調達屋「・・・・・・・」
調達屋「チャドちゃんチャドちゃん すごロトやろうよー」
チャド「テメーコロスゾ」



調達屋「前回はあと一歩だったねー あこれチャドちゃんなのかなー?」
チャド「モウヤメロッテ・・・オマエカナシイ」
調達屋「すごロトどーーーん」
調達屋「何が出るかな♪何がでるかな♪何がでるかなデデデン♪」
















チャド「マジカ」
調達屋「今週の当たり目だな」



調達屋「ふぅ・・・こうしちゃいられねぇな」
チャド「マサカ・・・」
調達屋「よし あれを持って来い!急げ!」
チャド「ガッテンショウチノスケ!」









チャド「ダンナ レイノブツ ヨウイデキマシタゼ」
調達屋「わかって来たなチャド。ここは市井の酒場。あの黒い箱の魔力を開放するには危険すぎる」
調達屋「ここは隠密にかつ最大限のパワーで黒き箱を開放せねばならん。」



調達屋「ばかもの!儀式はいい!その目で確かめろ!」
チャド「ヘイ モウシワケネェ ダンナッ」



調達屋「挫けぬ信念。信念を貫いてこその任務遂行だ。これを完成させるんだ」
チャド「アッシガヤルノデ?」
調達屋「この運敏比素材作成は俺がやろう。これは成功するあれにぶち込むのはお前に任そう」
チャド「ガッテン ガッテン」























(ズガーーーーーン!)
(フシューーーーーー)

















調達屋「ふぅぅ、、よしっ!」
調達屋「これだ。ブツはまだみてねぇ。おいっ儀式はやめろとあれほど」
チャド「ウッカリダ イツモノクセデ」
調達屋「どうだ!やったか!」
チャド「クロキハコカラデテキタバカリデ デンパショウガイヲ ウケテマス!」
調達屋「第2弾を用意しろっ!」
チャド「ハッ コ・・・コレハ!?」



















































スポンサーサイト

Comment - 0

What's new?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。