タックル犬 Lv435とダークエルフ王宮1F

  10, 2015 04:30
レッドストーン タックル犬育成



タックル犬がLv435を突破した。すなわち納骨秘密適正を駆け抜けた訳だが、、、



フォリン秘密固定PTからの流れで、納骨固定PTに引き続きお世話になっていた。
このPT。納骨秘密を1周15,6分でこなす最強PTである。
では私は何をしていたかというと、ポタを出し、秘密入口連打で一時期黄金期を築いたが
終盤右手に疲れがでたのか、ポタが腐るほど連打で勝てないという真の寄生枠だったのだ。
しかし心優しき勇者たちはタックル犬が珍しいからか私を「癒し枠」として最後まで引率してくれたのだ。
感謝以外の言葉はない。本当にありがとうございました。

そして迎える王宮1F。
罠師の適正時代を懐かしむ過ごしなれた狩場にタックル犬で戻ってきたのだが、、、



ダークエルフ巡視ぐらいまではまだ倒せるので、ポタ出しくらいは出来そうだが、
王宮ボスはもちろん、ダークエルフ武士は全く狩れない現状が待ち受けていた。

武士をスルーし、仮にまた王宮秘密によるポタ枠育成ならば
単純にLv490までは駆け抜けることが出来るであろう。
そしてその間、ルナティックハウリングの覚醒、
ミントワックスファング、サリーンイントルーダーの装備Lv457を迎える重要なこの狩場。
正直な話、狩場で自活できないのでは育成とは言えない訳である。

タックル犬装備の生産はFAT部屋の資金状況では絶対に不可能である。
つまりフラッシュタックルの光ダメカンストという当初の計画は確実に夢物語だ。

こうなると考え方を変えるしかない。



買い物かごに数年眠っている、スキル再振り巻物と間違えて購入したステ再振り巻物。



知識全開でステを振っていたこれまでをかなぐり捨て、力全開で覚醒リニアをぶっ放したらどうなるのかという
ずっと心に引っかかっていた方向性を試す時が来たようだ。



おい!これ強えぇよ。。。。
なんじゃこれ。。。

覚醒リニアは優秀すぎるという当たり前の結果じゃあるまいか。。。

要するにまず覚醒リニアの物理カンストができる状態になって初めて
光弱化強化装備によるフラッシュタックルの魔法カンストを行うという誰が見ても当たり前の道筋を
地球を7回半回ってようやく気付いたという話である。

ちなみに納骨秘密突入前のウォーミングアップと称して
タックル犬による納骨ボスとの泥仕合という余興があったのだが、



どうしてもリベンジしたくて試してきた。



おい。。。
普通に狩れてるよ。。。。
なんじゃこれ。。。


常に人と違う育成方法に楽しみを見出している自分だが、
ことタックル犬に限っては装備ありきのプロジェクト。
これはまず覚醒リニアメインのタックル犬としてとにかくたゆまぬレベリングを行うしかあるまい。


スポンサーサイト

Comment 0

What's new?