スポンサーサイト

  --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タックル犬 1次転生期間中の展望

  08, 2015 01:19
レッドストーン タックル犬育成



上記SS。言わずと知れたトラップ指。1次転生を済ませたタックル犬にのみ許された至極の贅沢。



私はギルドメンバーに恵まれていて、本日バッキンさんと話していたところ
トラップ指をお持ちであるとのことで、ありがたくお借りした。

対人戦を全く視野にいれていない私の育成方針からいくと、このトラップ指の使い道はとても難しいが
とにかく単発スキルしかもたないタックル犬にとっては
相手を止める
これが特に重要であり、トラップ指を「狩り」で有効に使うというささやかな野望もある。



まだ装備Lvに到達していないが、運比威厳比シャドウが完成しているので
転生前と比較した場合、
石化、睡眠
ヘルプリズン

と足止め装備が増えることになる。
ルナティックハウリングによる混乱は発動率や実際に取得するタイミングもあり
混乱装備もあると便利であろう。



ダイヤモンドレザーNxも購入し、天竜も選択の箱から入手した。
着々と装備が揃いつつあるのだが、装備計画など資金力のないFATファミリーにとって机上の論理である。

勢いでLv78で転生した理由がもう一つあって、
転生前はローリングタックルとフラッシュタックルだけで戦い抜けなかった経験がどうしても気になる。

暁によるドメインスティンクNxという破壊的なタックル装備を入手している訳で
真のタックル犬としてもう一度最初からリベンジしたいというのが本音である。

1次転生を行うのにひたすらレベリングをしたが、ここからはじっくり育成をしなくてはいけないだろう。
そしてそれがマイナービルドの楽しみでもある。


そしてその苦行は自分自身よくわかっている。装備を整え、狩場をタックルで駆け抜ける。
これが1次転生後のタックル犬に与えられた本当の試練だと思っている。
スポンサーサイト

Comment - 0

What's new?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。